【モノと上手に付き合えてる?】使わないモノは、いらない。

モノの持ち方

粗品でもらったボールペン、ノベルティでもらったマグカップ、おまけでもらったキャラクターのフォーク。

以前はそういった「なんとなく適当にもらってしまったモノ」を沢山持っていました。

そんなに好きなわけでも便利なわけでも使っているわけでもない。

でも壊れていないから捨てられない「モノ」。

家をスッキリ暮らしやすくするためにそれらに決別をつける作業は、心が痛みました。

壊れていないけどもう使うあてもないモノを処分するのは、辛い作業です。

でもその辛さをしっかりと味わうことで「不要なモノを家に入れないようにしよう」という強い決心がつきました。

以前は「無料」「ノベルティ」「おまけ」と言われるとなんだかもらっておかないと損なような気がして気軽に受け取ってしまっていました。

でも今は「自分が使う予定のないモノは、いらない」。

いただく機会があった時にはまず「自分が本当にそれを使う機会があるのか」をしっかりと考えます。

もう、壊れていないのに使わないモノを処分することは、できるだけしたくないからです。

できるだけ、使う予定のないモノは家の中に入れない。

一度モノを処分する辛い気持ちをしっかりと味わうことで考え方がガラリと変わりました。

「あれば使うかも」に振り回されない生活はスッキリ潔い生活です。

ちょっと大げさではありますが、モノの処分を通して生き方まで変わったような気がしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました