【片付け】お部屋とメンタルは繋がっている。

モノの持ち方
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お片づけとメンタル面って密接に繋がっているなぁ、と感じることが多々あります。

「今までお片づけがずっと嫌いだった」

「家に帰って、散らかっている現実と向き合うのが本当に嫌だった」

「家に居たくなくて時間があれば外に出かけていた」

そんな片付けに悩んでいたお客様達が。

整理収納レッスンで家の1箇所が見違えるように綺麗になると。

「今まで帰るのが嫌だったのに、最近早く家に帰って片付けたい!と思うようになったんです」

「時間があればTVや携帯を見ていたのに、今は片付けてばかりいます」

「今まで捨てられなかったモノも、使わないと割り切ってどんどん捨てられるようになりました!」

と、大変化!

これは、決して私のレッスンが凄いから!とかではないんですよ(笑)

「片付いた空間の心地よさ」をお客様のお家の「片付いた一角」が教えてくれているんだと思います。

だから片付けをやりたくなる。

あと、その一角を作り上げたことで「自分で片付けることができそうだ」という自信がつくこと。

そして今後どう片付けていったら良いのかの道筋が見えてきた、というのも大きのではないかと思います。

気持ちが変われば片付けもどんどん進むものなんですね。

先日も、2度目に訪問したお宅で。

「先生、片付いているって本当に気持ちがいいですね。

もう、昔の家には戻れませんね!」

と茶目っ気たっぷりに笑うお客様を見ていたら、お片づけって本当に楽しいことだなぁ、となんだか私までウキウキしてしてしまいました。

スッキリと片付いた空間は私たちに効率性ややる気など様々な恩恵を与えてくれます。

「こんな状態でどこから片付けたらいいのか分かんないよ!」という方も。

一度腰を据えてどこか1箇所だけでも片付けてみると、もしかしてそこから片付けの歯車が回り出すかもしれません。

ぜひ家のどこか1箇所だけでも、片付けに挑んでみてくださいね。

人生が変わる第一歩になるかもしれませんよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました