【片付けは】当たり前になっていた景色を疑うこと。

モノの持ち方

「収納場所が足りないんです」というお悩みを持っている方は多くいらっしゃいます。

先日整理収納レッスンにお伺いしたお家でも。



「収納が足りなくてモノが片付かないんですよね…」というお客様と家の中を見て回ると「ここには何が入っているのかわからない」という埃を被った棚や収納空間が沢山!



「そうか、こんな存在も忘れていたようなモノを追い出せば空間がめちゃくちゃできますね!そうしたらしまう場所がなかったモノが入りますね!」と発見が。



「毎日お洗濯するのだから洗い替えはこんなにいらない」

「空き瓶を沢山取っておいても結局使わない」

「買った時の袋に入ったままにしておくと使わないから買ったらすぐ袋から出してタグも外そう」

「扉の前にモノを置いているからこの収納場所を使いにくいと感じていたんだ」

「色々な場所に服が散乱しているから総量が分かっていなかった」など。



こんな一つ一つの「気づき」が大切。

日常では当たり前の景色になっていて気がついていなかったこと。

ちょっと他人の目になって見つめてみませんか?

例えば家の中の写真を撮ってみるだけでも、家の中の景色を他人の目で見ることができますよ。



こんな「日常では当たり前になっていて気がつかなかったこと」の小さな気づきが片付いた家への道なのだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました