【自分が変われば】家族も変わる。

未分類
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(この記事は2015年2月に旧ブログで書いたものの転記です)

私がお片づけの勉強をして本格的にお家のお片づけを始めてから、やはり家族の意識も少しずつ変わってきたように感じます(*^^*)

家族にお片づけを求める時、重要なのは「北風と太陽」作戦だといいます。
北風がビュービューと風を吹きつけて服を脱がそうとするように「あなたも片付けてよ!」と言葉で求めていてもなかなか相手の気持ちは変わりません。
それよりも太陽のように暖かく見守って待つことで相手の気持ちが少しずつ変わるのを待ってみましょう、ということです。

実はこの作戦、お片づけにおいてやっぱり効果があると思うんです。
というのはお部屋の中が片付いていて、ある一点だけ散らかっていたら人はとても気になってしまうもの。

ご主人様の物やお子様の物は勝手に処分できません。
でも、その他の部分が綺麗に片付いているとどうしても自分(ご主人様やお子様)の散らかった持ち物が気になってくる…。
そうしてある時自然と自分から自分の持ち物を見直してくれる日が来たりするものです(*^^*)

私の主人もそうです。
元々そんなに荷物が多い方ではないのですがやはりもう使わないものまでたくさん所持していました。
けれども私がお家の片付けを済ませた後から少しずつ主人も自分の持ち物を見直してくれるようになってきました。

そしてそれは子供達にまで!
どれもこれも捨てたくないと言っていたおもちゃも、自分なりに「これは○○だからもう捨ててもいいな」と思った時に自分から「これは○○(例えば、ぬいぐるみがほつれて穴があいてしまった等)だからもうさようならする!」と言ってくれるようになりました。
物を大切にすることはもちろん大切です。
でも物を無限にとっておくことはできない。
必ずスペース的に限界が生じます。
なので身近に置くものは厳選する。
そしてその厳選されたものを大切にする、それこそが本当に物を大切にするということなんだよ、ということを子供達には教えていきたいですね(*^^*)

自分が変われば家族も変わる。

お片づけを通して私が学んだことの一つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました