【プレゼントの役割は】心を受け取ること。

モノの持ち方

整理収納アドバイザーFujinao(フジナオ)です。

片付けを学ぶ前のこと。

プレゼントでいただいた香水が、10年以上手放せませんでした。
香りが合わず、身体につけると頭が痛くなってしまうのでどう消費したら良いのかずっと悩んでいました。

お友達がお金と時間をかけて選んでくれたプレゼント。
粗末にはできない…。
でも自分では消費ができない…。
出口のない悩みでした。

でも、片付けの仕方を学んで「モノ」としての意味を考えて見た時。
いただきものだからと言って無理をして消費するのが本当の正解ではないと気がつきました。

大切にしなきゃいけないのは「モノ」じゃなくて「心」です。
相手からの心をありがたく受けとることがプレゼントの1番大切な役目。
たとえそのモノが自分の生活に合っていなくても「心」を受け取ることができればモノとしての役目は充分に果たしているのではないでしょうか?

香水の好みが別れるように、どんな道具、雑貨、食べ物でもその人の生活に「合う」「合わない」があります。
例えいただきものが自分の生活に合わなくても、それは責められることでも苦しむことでもありません。
当然のことなのです。

「私を思ってくれてありがとう」
「私のために時間とお金を割いてくれた気持ちが本当に嬉しいよ」

そんな風に心をきちんと受け取ったならば、モノは手放しても大丈夫。

もし私と同じように「プレゼントでいただいたモノだから手放せない」に縛られている方がいたら。
この投稿で「プレゼントが持つ本当の意味」の部分が伝わると嬉しく思います。

整理収納アドバイザーFujinao(フジナオ)でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました