【モノは生き物】大切にする、というのは関わってお世話もすること。

モノの持ち方

幼少期から数年前まで間違った「もったいない病」にかかっていました。

「これはいいものだから、特別な時に使おう」

「いつか機会が来たら使おう」

「もったいないから、しまっておこう」

そんな「いつかの日」のためのモノが収納の中に沢山。

でも、「いつかの日」のためにしまっておいたモノを、案外忘れてしまって結局使うタイミングを逃してしまったりして(苦笑)

あの頃の自分的には「使わないでとっておく」=「モノを大切にする」だったのですが、今となってはそれはちょっと違ったのかな、と思います。

本当にモノを大切にするって「ちゃんと使ってあげる」こと。

そして本当の「もったいない」はモノがあるのに使えていないこと。

使ってあげて、きちんとメンテナンスもしてあげることこそ本当の「大切にする」だったのではないかな~と今は思います。

ワンコだって「可愛いから大切にする!」と言ってガラスのショーケースに入れっぱなしでは本当に大切にしているとは言えないですよね。

モノだって、結局はいつか壊れてしまう、生き物のような存在です。

モノは、毎日の生活を送る上で欠かせないパートナーです。

もし、自分の手ではお世話できないくらいにモノを抱え込んでしまっているならば。

それは必要としている人のところに回してあげて自分がお世話できる量まで家の中のモノを減らしてあげることはとても大切なことだと思います。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人生がときめく片づけの魔法 改訂版 [ 近藤 麻理恵 ]
価格:1210円(税込、送料無料) (2019/10/1時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 [ 佐々木典士 ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2019/10/1時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1週間で8割捨てる技術 [ 筆子 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/10/1時点)


コメント

タイトルとURLをコピーしました