【別れがあるから】出会いもある。

モノの持ち方

札幌への引っ越しまであと1ヶ月と少し。

新居や住宅ローン、引っ越しに関する様々な書類や家電製品のパンフレットと毎日にらめっこしながら暮らしています。

新居への引っ越しと同時に主人が単身赴任なので、今回の引っ越しが1番ややこしい…💦

肩こり解消に毎晩あずきのチカラをチンして肩に乗せ、色々な調べものと格闘中です。

お仕事と、様々な手続きの合間を縫って千葉にいるお友達にも沢山会っておしゃべり。

「次はいつ会えるのかな?」

そう考えるとお別れの寂しさに胸がギュッと痛みます。

それでも。

思い返してみると今まで幾度となく引っ越しをしてきて、そのたびに別れがあって。

でも、別れがあったからこそまた新しい土地での出会いもありました。

お別れは、寂しいことばかりではないんですよね。

【手放せば、新しい「モノ」「こと」に出会える】

片付けの世界でもよく聞く台詞です。

「お別れ」や「手放し」には寂しさや不安がつきものだけど、そのぶん新しい世界に出会える可能性が広がります。

それに、本当に大切な人、モノとは縁はそう簡単には切れないもの。

今まで沢山のモノを手放したけれど、本当に大切なモノはきちんと手元に残ってくれています。

そして少ないからこそ、大切にできる。

「お別れは怖いことではない。可能性が広がること」

そんな大切なこともお片付けから教えてもらった気がしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました