【ほんの少し背伸び】憧れのあの人は、こんな暮らしをしているだろうか。

未分類

先日、友人からこんなお話を聞きました。

部活中に怪我をして病院に行ったことがきっかけで、看護師さんに憧れを抱いた友人のお子さん。

それから。

「看護師さんになりたい!」という思いを抱いた彼女の成績は右肩上がり!

「憧れ」や「目標」の具体的なイメージができると、人が成長する力や行動力は何倍にもなるのですね~。

「あんな雰囲気の部屋にしたい」

「こんな生活がしたい」

「片付いたら、○○をしたい」

片付けにおいても「具体的なイメージ」を持つ、というのはとても大切なことです。

「憧れのあの人」になったつもりでモノ選びをするのも◎

「私が生活がしやすい部屋にふさわしいモノは?」という視点も良いと思います。

無理して見栄を張る必要はないけれど。

「今より、ほんの少しだけ背伸びをした自分」の生活を具体的にイメージして持ち物を見直してみませんか?

きっと、その「ほんの少しだけ背伸びをした自分」は「ほんの少し未来の自分の姿」に繋がっていくのだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました