【ロックダウンと】転勤族

日常

本日のお昼ご飯はパスタでした。

運動不足な分少しでもカロリーを控えたいと思いチョイスした「蒟蒻効果」というパスタ。

ツルツルッとした食感で、割と普通のパスタより好きかも…💕

蒟蒻効果(グルコマンナン入りパスタ) | パスタ | 家庭用商品 | 昭和産業株式会社
蒟蒻効果(グルコマンナン入りパスタ)の容量、原材料、栄養成分など詳しい情報をご紹介します。

ちなみに、パスタを開けるときにはこんな風に横向きに開けると残りに封がしやすいですよ!

さて、話は変わり。

全世界でロックダウンが続いていますね。

日本も、極力国内での移動を控えて…ということでGWを家で過ごす人がほとんどだと思います。

我が家も。

単身赴任で埼玉に住む夫は当然帰省できず。

当初は月に1回は札幌に帰省するはずでしたが、もう何ヶ月も帰って来ていません。

「オンライン帰省」と言われても転勤族や単身赴任勢はみんな普段からTV電話などを使っているのでは…。

「オンライン飲み会」と同じ括りにされちゃうとなんだかな〜と思ってしまうワンオペ家庭です。

それにしても。

この「コロナ自粛」はいつまで続くのでしょうか?

私はまだまだ、終わる気がしません。

じゃあ全国の家族と離れ離れ組はいつまで家族に会えないんだろう?

いつまで我慢をするの?

仕事のために、家族と会えないのは働く意味の本質を履き違えちゃっていると思うのです。

ライフワークバランス?なにそれ、美味しいの?状態です。

家族にも会えずに一人ぼっちで仕事するだけなんて悲しすぎる。

今日、単身赴任中の男性がコロナの検査待ち中に自宅で亡くなっていた、というニュースを見ました。

こんな悲しすぎる別れ方、ありますか?

離れて暮らしていた家族の無念さを思うと胸が張り裂けそうです。

コロナは確実に長期化します。

企業は、この機会に「転勤」という制度を見直して欲しいと思います。

家族の元や地元に戻って仕事をしたい人には極力希望に添えるように「人」に寄り添った対応をして欲しい。

もちろん、「希望する土地には支店がない」など叶わないケースもあるとは思います。

それでもこの「いつまで続くかわからない非常事態」の中。

せめて家族で寄り添って1日1日を過ごせるようになるよう、世の中の流れが変わりますように、と心から願うばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました